ニュース

①【日本民族百年を切り拓くエネルギーの源】
故田中角栄総理は、『日本列島改造論』のはしがきの中で、日本民族百年を切り拓くエネルギーをいかに産み出すか?

日本中どこに暮らしていても大黒柱であるお父さんに仕事があり、お母さんと子供たちと笑顔に溢れた家族団欒がある。これこそ日本民族のエネルギーの源だと言った。

角さんは、日本列島を多極分散し、日本中どこに住んでいても国民だれもが同じ暮らしができることを目指した。

私も子供心に角さんの強烈なパワーを感じ、政治家を志した一人だ。

②【99%の国民の生活を守ることが政治】
1%の特殊な能力のある人たちはどんな時代が来ても生きていける。この人たちに政治はいらない。

たとえ特殊な能力は無くても、真面目に正直に働けば、笑顔に溢れた家族団欒を作れる。真面目に正直に生きている人たちがバカを見ない世の中にする。99%の人たちの生活を守る。これが、私にとっての政治だ。

③【20年にわたる日本貧困化政策】
しかし、ここ20年の日本の政治は、日本の富を叩き売り、日本人を貧しくすることを目的としているとしか思えない。

かつてイギリスは、植民地であったインドや香港などに、総督を置き富を収奪した。

ここ20年日本の官邸は、まるでアメリカの日本総督府のよう。

④【独立自尊の時来る】
戦後71年が経過。かつて福沢諭吉が独立自尊新世紀と言ったが、トランプ誕生を契機に、日本も独立自尊の時が来たようだ。

トランプ次期大統領の勝利によって、三週間で101円から114円と、一気に13円も円安になりました。

それでは、一体為替は何で動くのでしょうか⁉⤴⤵
私が国会議員となり学んだ事をお伝えします。

①【日米10年物国債の金利差⤵】(原則)

まず、お金は少しでも高い金利を求めて移動します。
このため、為替は基本的には【日本とアメリカの10年物国債の金利差】で決まると言われています。

今回トランプの勝利によって、好景気・株高が期待されたため、アメリカでは債権が売られ金利が急上昇⤴しました。

日本の金利も上昇しましたが、日米の金利差がより拡大したため、日本の機関投資家がより高金利なアメリカ国債を購入するために円をドルに変えたため、円安⤵に向かうことに。

好景気米国と不景気日本の金利差はますます開くと予想されますので、中長期的には、円安に⤵⤵

②【財政危機時は円安に⤵】

さらにこのまま、日本経済のゼロ成長が続き借金だけが増え、財務省の言うように本当に財政危機になれば、国家の信用は失われ、円は暴落し、円安に⤵。(今の円高を見れば財政危機は真っ赤な嘘。本当ならとっくに200円)

③【株価が落ちると円高に⤴】(例外1)
ただ、日本の証券市場の株取引の約6~7割が外国人取引で占められるという異常な状況にあるため、株価の騰落によって為替が動くという日本特有の現象があります。

それは、株価が急落すると外国人が信用取引の追証の発生に備えて巨額のドルを円に変えるため、【株価が急落した時は、超短期的に円高⤴になる】という現象です。

株価が下落すると円高⤴に、株価が上がると円安⤵になることが如実に分かります。

④【大震災時は円高に⤴】(例外2)
また、阪神淡路大震災や東日本大震災、熊本の震災の時もそうでしたが、大震災があると日本だけは、円高⤴になります。

他国では大震災があると、通貨も安く⤵なりますが、日本では地震保険の支払いのために、保険会社が海外の証券を処分して、巨額な資金を日本に戻すため、円高⤴になります。

災害時に円安になると思い、円を空売りして大損、何十万人も破産したと言われていますので、ご注意下さい。

⑤【政府の為替介入】(例外3)
もうひとつの要因は、【政府による為替介入】です。

かつて小泉総理の時、米国債を購入するため、15ヶ月間で35兆円という人類史上最大規模のドル買い円売り介入を行いました。

国際金融の実務の世界では、1兆円の介入により2円為替が動くと言われており、猛烈な円安圧力となり、この時は約15ヶ月間125円という円安⤵⤵が続きました。

日本政府がどれくらいの額の米国債を買うかによって、為替の変動額が変わります。

⑥【米財務長官の発言】(例外4)
さらに為替の変動に影響を与えるのが、【アメリカの財務長官の発言】です。

小泉総理の時の巨額介入が、当時のルービン財務長官がロンドンで介入を批判した途端、翌日から介入がピタッと止まり円高に⤴。新聞の片隅の小さな記事でした。

⑦孫子曰く、『先に知る者は、勝つ』。

為替は難しいようでも、実は単純な原理により動いています。ぜひ参考にして下さい。

【先に知る者は勝つ@小泉俊明】

①【一生に一度『ゼロ金利』】一生に一度あるかないかの『ゼロ金利』と歴史的な『円高』、日本にとって海外に投資やM&Aする絶好のチャンス到来。いや、日本にとってのラストチャンスかも

ソフトバンクの孫さんは、昨年アメリカの通信会社を1.6兆円、今年イギリスの企業を3.3兆円でM&A。サウジアラビアと10兆円のファンドを設立、アメリカにも5兆円投資するという。

②【凋落の一途の日本】
この20年間日本は経済成長がゼロ。国民一人当たりの平均収入は世界1位から27位に大転落。こんなバカな国は世界で日本だけ。

この結果、20年前日本の僅か1.5倍だったアメリカのGDPは日本の約4倍に。

20年前日本の僅か8分の1に過ぎなかった中国のGDPは今や2倍に。

世界は、『無常迅速』、劇的に変化し続けている。

③【ピンチはチャンス】
こんな状況の中、僥倖とも言える『ゼロ金利』と『円高』。

この歴史的な大チャンスに、世界に打って出る孫さんのセンスと決断力と勇気には拍手を送りたい。ゼロから出発した実業家の底力だ。
正に『ライジングサン』。今や世界有数の経営者だ。

④他方、先日会った某大企業の役員は、『海外投資は為替差損の危険がある』と。当時1ドル104円。余りの無知、不勉強に唖然( ; ゜Д゜)

まるで、戦国武将とお公家様
時代が求めるのは、海賊イギリス、山賊アメリカと互角に渡り合える孫さんのような戦国武将だ。

①安倍総理とオバマ大統領かハワイで緊急会談するという。

怒れるジャイアンが、のび太を呼びつけたようにしか思えない。

まだ大統領でもないトランプとの面会に、ホワイトハウスは激怒、猛烈なクレームが来たという。

世界中の国々は去り行くオバマ大統領に礼節を守ったのに。
礼儀を守る。相手の顔を潰さないという日本人の徳はどこに行ってしまったのか?

②【米軍に世界一貢献】米軍に133ヵ所・面積で3億㎡も基地・施設を提供。未だに東京の制空権の3分の2は米軍が保有。思い遣り予算もドイツの8倍と世界一の負担。
我が国は米国のアジア戦略に最大の貢献してきました。

【巨額な米国債購入で米経済に貢献】米国への工業製品の輸出の見返りに莫大な額の米国債を購入。実質仕送りをし、アメリカ経済に大きな貢献をしてきました。

【大統領選挙にも貢献】大統領の2期目の選挙の時には、米国債を莫大に購入、米国の低金利・好景気・株高の演出に協力し、大統領選挙にも貢献してきました。

【米国投資家に多大なる利益】金融を始めとする徹底的な規制緩和や日本の富の叩き売りにより、アメリカの投資家たちに莫大な利益を提供。

【農畜産物を膨大に輸入】小麦や果実や畜産物など膨大な量の農産物を輸入。諸外国で禁止している遺伝子組み換え穀物や残留農薬も黙々と受け入れ。

これまで日本はアメリカに最大の貢献をしてきました。

にもかかわらず、いまさら一体何を和解すると言うのだろうか?

③【和解とは、過去をなかったことにする契約のこと】

戦争行為である真珠湾攻撃と非戦闘員40万人を虐殺した広島への原爆投下は、次元が違う話であり、この2つを同列に無かったことにするのはおかしな話だ。

しかも、戦後の研究によれば米国政府は日本軍の暗号解読により真珠湾攻撃を事前に知っていたというのが定説。

④しかし、和解は当然タダではない。和解金が発生する。

世界帝国アメリカの現職の大統領の面子を丸潰しにしたツケは想像以上に大きい。

これ以上何を要求されるのだろうか?

稚拙な外交は国民の利益を失する。

①日本は中国に対し、過去3兆4千億円、時価にして50兆円近い世界最大のODAを供与してきました。
にも関わらず、日本と中国はドンドン険悪になる一方、アメリカと中国はドンドン親密に❤なっています。

②【政治的に❤】以前オバマ大統領が来日した際も、ミッシェル夫人は来日せずに、上海で周国家主席の奥さんと1週間も一緒にいました❤。

③【経済的に❤】同じビジネスで、日本企業は中国に進出したくても許可が出ないのに、アメリカ企業は簡単に許可がでます❤。

既に中国に進出した日本企業も、ドンドン活動しずらくなっている。

④【軍事的に❤】日本では報道されませんが、中国の艦隊がボストン港に入港したり、軍事的にも日本人が思っている以上に非常に親密❤です。

尖閣にアメリカの駆逐艦が一隻来たのとは、レベルが全く違う話です。

⑤【中国は魅力的美女❤】
アメリカにとって、世界一の14億人の人口を持ち毎年7%近い経済成長をし日本のGDPの2倍にもなった巨大市場中国⤴⤴⤴と、人口1億2千万が少子高齢化、20年間全く経済成長せず、国民もドンドン貧しくなり購買力が落ちている日本⤵⤵⤵と、どちらが魅力的かを考えれば明白だろう。

浅い歴史に劣等感を持つアメリカの眼には、中国がより魅惑的に映ることだろう。

⑥【日本は産軍複合体の走狗】日本はいまアメリカ産軍複合体の猟犬か、中国に対してよく吠えるスピッツ犬として利用されているだけのように思える。

アメリカと中国が本気で軍事的に衝突することなど無いと知るべきです。
日米安保条約の範囲の問題ではなく、日本のためにアメリカが中国と戦うことなど毛頭無いと覚悟すべきです

今後トランプ・アメリカはモンロー主義に回帰する。
虎の威を借る狐よろしくアメリカの産軍複合体の指示通り先走って動いて、TPP同様梯子を外される哀れなことにならないように注意すべきだ。

⑦【日中険悪化は米国企業の利益❤】また、中国におけるアメリカ企業の最大のライバルは、資金と技術を持った日本企業。

日中関係が険悪になり日本企業が中国に進出できない方が、アメリカ企業に取っては有利。

尖閣諸島への中国人の上陸も、一体誰が資金を出していることやら?

一体誰の指示により尖閣諸島を国有化したのやら?

⑧【狡兎死して走狗煮らる】元々戦後日本の復活は、中国が共産化したことにより、アメリカが日本をソビエトによる共産主義の拡大を食い止める防波堤としようとしたことに。

中国は商業国家であり、ソビエトと異なり共産主義を世界に拡げるため軍事的にアメリカに対抗する心配はない。

ソビエト亡きいま、米中両国が益々緊密❤になると、日本はいらない存在に。

正に『飛鳥尽きて良弓蔵われ、狡兎死して走狗煮らる』

この20年アメリカから日本に対する規制改革要望書(命令書?)通りの法改正により、日本が経済・金融面で急激に弱体化し、貧富の差が拡大したのもこの現れだ。

⑨【独立自尊新世紀】日本はどうすべきなのか?トランプ大統領の誕生を契機に、私たち日本人も真剣に考える時だ。

大切なのは、①日本の国力の源泉である経済力を本気で復活させること、②外交を全方位外交に戻すこと、③何でもアメリカの要望どうりに日本を弱体化させる政策を採らないこと、法律を作らないことだ。逆に法改正で従前に戻すことだ。

 

プロフィール


小泉としあき
前衆議院議員
取手事務所
〒302-0004
茨城県取手市取手1-6-8
TEL:0297-70-5123
FAX:0297-73-1618