メルマガ&コラム


【カムラン湾】


【ロシアバルチック艦隊旗艦スヴォーロフ】

日露戦争の時、38隻のロシアバルチック艦隊が、日本海海戦を前に燃料の補給に寄港した、ベトナム最大の軍港があるカムラン湾だ。

前から見たいと思っていましたが、今回ようやく来れました。

台風が来ているのに、湾内は波ひとつありません。

ここでベトナムが質の悪い泥炭をバルチック艦隊に提供したため、艦船の速度が落ち、黒煙を上げたため大砲の照準が付け易くなり、東郷率いる連合艦隊が勝利しやすくなったと言う。

茨城県出身のベトナム大使が調べたところ、事実であることが確認されました。

 

プロフィール


小泉としあき
前衆議院議員
取手事務所
〒302-0004
茨城県取手市取手1-6-8
TEL:0297-70-5123
FAX:0297-73-1618