【米財務長官の発言に注意を】

本日フェイスブックに投稿した私の分析です。
ご一読をお願い申し上げます。

【米財務長官の発言に注意を】

①ムニューシン米財務長官は13日インドネシアでの日本と始める「物品貿易協定(TAG)」交渉で、通貨安誘導を阻止するための「為替条項」を協定に盛り込むよう求める考えを明らかにした。

②今後、私が3月に予想したように、日米貿易赤字の緩和に向けてのトランプ大統領による【円高・ドル安政策】が動き出すことは確実になった。

③また、長く続いた日本のゼロ金利政策・アベノミクスも、いよいよ終わりに。

日米の金利差が拡大し、ますます日米間の貿易赤字が拡大するからだ。

④小泉内閣の時に、15ヶ月間に渡る37兆円ものドル買い・円売りの為替介入が、スノー財務長官が批判した翌日から介入がゼロになった再現が。

⑤今後円高・ドル安による日本の輸出産業が打撃を受け、株安になることが予想される。

ゼロ金利政策の終了による景気の悪化が予想されることに。

☆為替問題については下記をご一読下さい。

3月24日【為替は何で動くのか?】

3月22日【米国から押し寄せる2つの巨体津波】

3月24日【次は自動車への高関税と円高政策だ】

☆下記もご一読をお願いします。

【トランプの怒り爆発】

【トランプ大統領が仕掛けるパラダイムシフト】

 

プロフィール


小泉としあき
前衆議院議員
取手事務所
〒302-0004
茨城県取手市取手1-6-8
TEL:0297-70-5123
FAX:0297-73-1618